デイリー出会いアプリの評判は?ネットの評価/サクラは調査済み

デイリーの評判

デイリーのGooglePlayのレビューに業者の★5嘘レビュー評価を多数確認済み

デイリーの評価

評価 2.7
※嘘レビュー確認済みで減点中
「デイリー」を利用したことがある方へ

利用者の口コミを募集しています。
サクラに騙された。
待ち合わせしたけど会えなかった。
連絡先交換に数万円を課金した。
などの被害を口コミに書くことで他の人の被害を防ぐことに繋がります。書き込みをお願いします。

デイリーの調査結果

『デイリー』は典型的なサクラがいる有料ポイント制の出会い系アプリになります。

1メッセージの送信で250円、画像閲覧で250円になります。料金設定は完全にボッタクリ出会い系アプリ!悪質アプリの中でも料金設定が高額過ぎます。

1メッセージの送信で100円以上は典型的なサクラアプリの料金設定になり、見分け方のポイントなので覚えておいてください。

『デイリー』の評判は
「これも、ボッタクリサイトですね、 ライン交換は出きます。但し男性、女性(疑わしい)双方から5000円のポイント購入をしなければなりません。女性もおそらくサクラだと思いますので、万が一ライン交換出来ても、いいようにあしらわれてお終いでしょう。。 やらない方が良策です。」
「詐欺アプリです、課金すれば永久無料と誘い文句でおびき寄せ、課金したら今度はメッセージ送信のタイミングで抽選で当たるからメッセージを送り続けてください、と(笑)女性も全部サクラでまどろっこしい会話しかできません」
「検索で出てこない人から何かが届くとか、全く同じ時間に別の人から同じラインIDへの誘導URLを投げられるとか、怪奇現象のオンパレードですよ。」
と、悪い評判ばかりでした。

又、「異性紹介事業届」を出していないので利用規約の禁止行為の中に「出会い・異性交際を目的とした行為」と記載されています。利用規約で禁止していないと「出会い系サイト規正法」に引っかかり「異性紹介事業届」を所轄の警察署に提出しないといけなくなるのです。

以上から考えると、『デイリー』は主にポイントを消費させて課金させるのが目的の出会い系アプリになります。料金設定が高額なので騙されれば相当な被害に合うと予想されます。出会えないサクラの被害にあいたくないのであれば利用しないでください。

利用する価値無しな感じですね。

デイリーが出会えないサクラアプリの理由

・利用料金が高額(チャット1回100円以上)でサクラが居る可能性があります。

・サクラとの連絡先(LineのID、メールアドレス)交換を餌に課金へと誘導しています。

・出会いを目的としたアプリだが異性紹介事業届出を管轄の警察署に提出をしていない。

・運営側が利用者に特典を餌にしてGooglePlayに高評価レビューをするように強制しています。

・運営会社の情報を公開していないので悪質アプリの可能性があります。

以上の事からデイリーを利用を早急に停止する事をオススメします。

デイリーのアプリ情報

デイリーの画像1
デイリーの画像2
デイリーの画像3
デイリーの画像4
アプリ名 デイリー
対応スマホ Android
運営元 デイリーセブン
料金体系 有料ポイント制
id交換 不可能
DL数 50,000-100,000
異性紹介事業 届出無し

■デイリーの楽しみかた
マッチングアプリに興味がある
チャットアプリでトークしたい
寝れない時のおしゃべり相手を探したい
暇つぶしで話相手を見つけたい
異性の恋愛相談相手が欲しい
真面目な出会いを求めている
恋愛や恋活を積極的に楽しみたい
趣味が合う人とマッチングしてみたい

デイリーはマッチングアプリ初心者に優しい匿名制度、個人情報不要でご利用いただけます。

煩わしい入力項目がないのでインストール後、ニックネーム・年齢・地域を設定するだけで直ぐにチャットができます。

登録後は地域や年齢からタイプの人を検索することが出来るのでプロフィールを覗いてみましょう!

デイリーはご利用者誰もが楽しめるチャットアプリを心がけマッチングする楽しみを追及していきます。

続きを読む

公式アプリへ

GooglePlay

関連タグ

デイリーを調査した人

斎藤 忠人

出会い系を研究して15年。徹底的に「出会えるサイト」「出会えないサイト」を調査して情報を公開しています。

その情報で皆が出会えないアプリに騙されずに出会えるアプリで出会ってくれれば幸いです。

経歴

  • サクラ有りの出会い系サイトの運営のバイトをしたことで「出会えないサイト」を熟知する
  • 「出会えるサイト」を利用して1年目で30人と会う
  • 「出会えるサイト」を利用して10年目で500人以上と会う
  • 「出会えないアプリ」に騙されている人が多数いることを知り、このサイトを運営し始める。