Androidで18歳未満(未成年)に出会い系アプリを使わせない方法

18歳未満(未成年)が出会い系アプリで犯罪に巻き込まれています。

現在の18歳未満(未成年)の場合、殆どがスマホを利用していると思いますが、

近年、18歳未満(未成年)が出会い系アプリで犯罪に巻き込まれる件数が増加しています。

中には殺人事件も含まれています。

そこで、スマホの設定を変更する事でGooglePlayのアプリストア内に出会い系アプリを表示できないようにする方法がありますので18歳未満(未成年)がスマホを利用する場合は必ず設定してください。

GooglePlayのコンテンツフィルタリング設定を変更

GooglePlayを起動します。上部の「3点マーク」をタップ、その中に「設定」がありますのでタップしてください。

設定画面の中に「コンテンツフィルタリング」の項目がありますのでタップしてください。

「コンテンツフィルタリング」をタップすると

「許可するアプリのレーティング」がありますのでのチェックを全て外します。

以上の設定でアプリストには出会い系アプリが表示されなくなりDLすることができなくなります。

有害サイトにアクセスできないように設定を変更

有害サイトをGoogleの検索結果に表示しないように設定します。

Googleのアカウントにログインした状態でAndroidの本体設定から「アカウント」の「Google」をタップする。

「プライバシー」の「検索」をタップルする。

「検索」画面の「アカウントとプライバシー」をタップする。

「アカウントとプライバシー」の画面の「セーフサーチフィルター」を【ON】にすれば設定が完了になります。

コンテンツのPIN(パスワード)を設定する。

設定を変更されないためにコンテンツのPIN(パスワード)を設定します。

推測されない4桁以上の数字を設定すれば設定が完了になります。

ページの先頭へ