出会い系アプリで未成年の事件が増えている理由

「インターネット異性紹介事業の届出」を出していないのが原因

出会い系アプリで未成年の事件が増えているのは18歳未満でも出会い系アプリが利用できてしまうのが原因になります。

健全に運営している出会い系アプリは「インターネット異性紹介事業の届出」を管轄の警察署に提出して利用者には18歳以上であることを確認しています。

ですが、9割以上の健全に運営していない出会い系アプリは「インターネット異性紹介事業の届出」を提出しないで、利用規約に「出会いを目的としないアプリです」と記載して出会い系アプリとして運営しています。

ですから、未成年でも簡単に利用できてしまうのです。

未成年と援助交際をしてその時はバレなくても、その未成年が他の人との援助交際中に補導されたら過去まで調べられるので芋づる式に捕まります。

未成年の家出を助けると、保護者が捜索願いを出して誘拐罪で捕まります。

以上の事から未成年との出会いはリスクしかないのです。

事件に巻き込まれたくないなら健全な出会い系アプリを使いましょう。

健全に運営している出会い系アプリは公的な物(運転免許証、保険証、クレジットカード等)で18歳以上を証明する必要があります。

証明ができていないと利用する事ができないので未成年と知り合う事はありません。だから事件に巻き込まれる事はありません。

安全に出会いを求めているのなら「インターネット異性紹介事業の届出」を提出している出会い系アプリを利用していください。

ページの先頭へ