出会いアプリの全てに「出会い系規正法」が適用されたらどうなるのか!?

出会い系サイト規正法とは!?

「出会い系サイト規正法」を簡単に説明すると、

・事業運営する所在地の管轄の警察署に届出を提出する必要がある。
・利用者が18歳以上かどうかを身分証明書等で確認をしている。
・全てのやり取りを監視して公序良俗に反する内容の場合、削除対応できるようにしている。

等になります。

出会いアプリに「出会い系規正法」が適用された場合

現状の出会いアプリと呼ばれるアプリの殆んどは利用規約に「出会いを目的としていません」との一文によって「出会い系サイト規正法」は適用されず規制されていません。

「出会い系サイト規正法」を遵守して運営しているアプリは少なからず有りますが、遵守してるのは出会えるアプリに限られています。

今後、異性同性間のチャット機能がある場合に「出会い系規正法」が適用された場合は今まで適用してこなかった出会いアプリは運営する事ができなくなります。

何故、運営できなくなるかと言うと

・運営費用がかかりすぎて運営ができない。
・サクラを雇っている場合、詐欺罪で逮捕される可能性がある。

以上が考えられます。

結果、出会えるアプリだけが生き残る!

結局は大手の手会える系アプリを運営している会社しか生き残れなくなります。

利用者にとっては悪質出会いアプリがなくなり、出会いアプリ関係の未成年の事件がなくなり、ちゃんと出会えるようになるだけです。

利用者はメリットしかないのです。早く適用される事を願いましょう。

ページの先頭へ